駐車場経営なら土地があれば誰でもできる!

食器

初めに大量に確保しておく

飲食店においてなくてはならないのが食器です。オープン時や繁忙時などは洗浄が追い付かず、初めに大量に発注しておくことが大切です。出来れば座席数の3倍程度は確保しておくと安心でしょう。実は業務用食器は大量注文すると単価が安くなります。3倍の注文数をしても金額は2〜3割増しで抑えることが出来るのです。

ビル

魅力のある国

経済成長が著しい東南アジアは、現在世界中の企業が進出しています。中でも、インドネシアには日本企業が多く進出しています。現地で会社設立を考えているなら、信頼できる支援企業と契約しましょう。設立後も支援が受けられる会社であれば、現地に向かう手間も減らせます。

相談

安心してお任せできます

インドネシアに進出する企業は、コンサルティングファームに相談することがお勧めです。現地の市場調査をし、実現可能な事業計画か検証後、開業に向けた書類作成、法令にのっとった雇用などを行い、スムーズにビジネスを開始します。

駐車場管理を受託しよう

駐車場

不動産活用の方法として、駐車場経営がある。駐車場経営は自動車を駐車できる土地を有していることで誰でも行うことができ、比較的行いやすい不動産活用である。駐車場経営では、自分で直接経営を行う方法と、土地を貸し業者に委託して駐車場経営を行う方法の大きく2つある。直接経営する場合には、維持管理などの手間が必要になるが、業者委託であればそれらの手間を省けるということがある。また、駐車場経営を始める際には、どのような形態で行うかということを決める必要がある。月極駐車場か時間単位で貸し出す駐車場かということや、立体駐車場とするかなどを決めておく必要がある。時間単位で貸し出すコインパーキングでは、料金の回収を行う設備の設置が必要となるため、それらの工事の手続きを行う必要性が出る。月極駐車場であれば、料金回収の設備は設置しなくても運営可能である為、手軽にできる駐車場経営になる。また、立体駐車場とする場合には建物の建設が必要になるなどさらに手間がかかるが、その分省スペースで多くの車を受け入れできるため収益を上げやすいという利点がある。駐車場経営を行う際には、特別な届け出などは行わずに経営を始めることができる。但し、一定規模以上の駐車場経営を行う場合などには届出が必要になるケースもあるため注意が必要になる。土地を有効活用したい場合には、駐車場経営は手軽な活用方法として人気があり、都市部などでは特に向いた方法である。